脳梗塞後遺症リハビリセンター ストロークジム スタッフ紹介

脳梗塞後遺症リハビリセンター STROKEGYM 札幌です。


遅ればせながら、今回のブログでは当施設で皆さんとリハビリを一緒に行わせていただくスタッフの紹介をしていきたいと思います。



皆様、はじめまして!!理学療法士のキクチと申します。



〇経歴


私は北海道の室蘭市出身で、高校卒業までは室蘭市で育ちました。高校卒業とともに札幌のリハビリの学校へ進学した後、理学療法士の資格を取得しました。

在学中の臨床実習の経験の中で、脳梗塞や脳出血など脳血管疾患のリハビリについて興味を持ち、卒業後は市内の脳神経外科病院へ就職をしました。


病院で経験を積んでいく中で脳梗塞や脳出血、くも膜下出血や脳腫瘍、パーキンソン病など様々な疾患を呈した患者様と関わらせていただきました。同じ病名の患者様でも症状は多岐に渡るので、ひとりひとりの症状に合わせてリハビリテーションプログラムを提案していくことはとても大切だと考えるようになりました。


より良いリハビリを提供させていただくために日々研鑽を積み、認定理学療法士(脳卒中)を取得しました。資格取得後の現在もリハビリへの知見を深められるよう日々努力を継続しています。



〇なぜ自費リハビリサービスを選んだのか?


病院で働くなかで、脳梗塞や脳出血を発症し、医療保険が使える期限である180日を過ぎて生活をしている方に関わらせていただく機会がありました。


現在の介護保険の制度上、短時間しか個別のリハビリを受けられない場合や集団での運動が中心となり個別でリハビリを受けられない方がいるということを知り、

「リハビリを継続することで今よりも身体の状態が良くなる可能性があるにも関わらず十分なリハビリを行えない方がいる」ということにもどかしさを感じるようになりました。


そこで自費リハビリの存在を知り、この方法であれば脳梗塞や脳出血を発症した方に対して

専門性の高い個別でのリハビリを長時間提供できるのではないかと考えたのがきっかけでした。



〇リハビリを行う上で大切にしていることは?


脳梗塞や脳出血などの後遺症だけでなく様々な後遺症において言えることですが、病気を発症しリハビリを継続していると「生活を自立して家に帰る」ということが大切な目標になると思います。

現在の制度上病院では入院期間に限界があるため「代償動作がある状態で自立歩行を獲得する」、「杖や歩行器などの補助具を使って動作を安定させる」など様々な手段を用いながら家に帰ることを第一目標にリハビリを行っていきます。


退院後からは全くリハビリを受けていないという方や「今の機能を落とさないように」と維持的なリハビリテーションのみを受けているという方がとても多いです。


ですが、、、

病院を退院したり後遺症を受けて長く生活をしていても改善の余地を残して生活をしている方がたくさんいらっしゃいます。


当施設では回復期病院退院直後から数年前に病気を発症した方のご利用が多いので、

後遺症を受けた部分のみではなく生活背景や過去の既往歴を踏まえ、後遺症を受けた後の生活によって機能不全を起こしている部分についても正確に捉えるということを常に大切にしています。


〇趣味や好きなことは?


趣味は旅行、キャンプ、釣り、写真で休日にはよく外出をしていました(今はコロナウイルスの影響でいけていませんが・・・)。


過去には5日間かけて車で北海道を1周しながら写真を撮ったりもしていました。生まれてから30年近くなる北海道ですが、まだまだ知らない場所がたくさんあるなぁということを感じることが出来ました。いつになるかはわかりませんが、いずれ日本1周もしてみたいなと思っています!


ちなみに私のおすすめは襟裳岬です!絶景なので是非足を運んでみて下さい。笑




〇得意なことは?


考えることは得意で、「問題点はどこにあるのだろう?」「どういう方法でリハビリしていこうか?」と深く考えていくということは得意です。考えることは得意なことでもあり好きなことでもあるのでご利用者様のお力になれると考えています!


もちろん「こういう道具をつかいたい!これが出来るようになりたい!」といったご利用者様の希望を元に問題点を抽出し、リハビリテーション方法の提示をしていきます。

ご自身やご家族の希望についてしっかりとお話をしていただけることで、より良いサービスの提供に繋がりますので遠慮なくお話をしていただければと思います。



〇最後に


生活期リハビリテーションでは「質」と「量」がとても重要になります。

当施設では経験豊富なスタッフによる「リハビリの質」の確保自宅リハビリサポートによるリハビリの「量」の確保がどちらも可能となっております。

ご利用者様の希望や目標を達成するために日々研鑽を積んでおりますので、

後遺症でお悩みの方は是非一度当施設へご相談、ご連絡ください!