【生活期リハビリの重要性】




脳梗塞後遺症リハビリセンター STROKEGYM 札幌です。


本日は病院退院後のリハビリ(生活期リハビリ)の重要性というテーマでお話をしていきたいと思います。


病院でリハビリを経験したことがある方の中には「病院を退院するとリハビリは終わり!」という印象がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん症状が軽く退院時には入院前と変わらないということも稀にありますが、何かしらの後遺症の影響を残して退院することが多いです。


脳梗塞や脳出血などを発症すると、麻痺や感覚障害など様々な症状から身体機能が大きく

低下してしまいます。

そのため急性期病院・回復期病院でしっかりとリハビリを行い、身体機能の回復を図りながら状況によっては代償動作も用いて自宅復帰を図ります。


病院ですべてのリハビリが完結できると感じてしまいますが、

入院期間にも制限があり、障害の重症度によって入院中の改善の程度にも違がありますので、改善の見込みがある状況でも退院をせざるを得ないという場合も少なくありません。


そのため「病院退院後の生活期リハビリの選択はとても重要」になります。

急性期・回復期・生活期のリハビリの中で身体機能の向上と代償動作の改善を図り、社会復帰や日常生活の充実を目指す流れが円滑に進むということが理想的な流れです。

しかし現在の制度上、介護保険のリハビリに移行すると集団での運動が中心になってしまったり、個別でのリハビリが行えたとしても個別リハビリの時間が短くなってしまうなど様々な理由から十分な「リハビリの量と質」が確保できない場合があります。


病院退院後に機能向上や代償動作の軽減に向けたリハビリを行うことが出来ず、

維持的なリハビリを中心に行っていると下の図のように「改善の余地があるにも関わらず

現状を維持している状態」になってしまいます。

理想的な生活期リハビリを行うためには十分な「リハビリの質と量」が必要です。

ご家族ともしっかりと相談をして「どういうことが出来るようになりたいのか」「どの程度リハビリをしていきたいか」を踏まえた上でリハビリを行う施設を選択することが大切です。


また、リハビリを行う施設を選ぶ際には必ず体験を行い、「個別でのリハビリ時間」や「リハビリでの運動量」、「各施設のスタッフの説明の内容」などを確認してご自身に最適な施設を選ぶようにしましょう!


過去の記事で「病院退院後に受けられるリハビリサービスの種類や特徴」についてまとめていますので、リハビリを行う施設を探す際には是非参考にしてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【まとめ】脳梗塞や脳出血発症後のリハビリテーションの流れと種類

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


脳梗塞後遺症リハビリセンター STROKEGYM 札幌では

  • 1回100分の完全個別リハビリ

  • 自宅リハビリの徹底フォロー

  • 経験豊富なスタッフの配置

にてご利用者様にご満足のいただける「リハビリの質と量」のご提供を目指しております。

現在リハビリ体験を初回無料でご案内しておりますので、興味がございましたらお気軽に当施設までご連絡ください!