杖歩行には種類があります!〜2動作歩行と3動作歩行について〜




杖歩行には種類があり、身体の状態に合った歩き方を選ぶことが必要です。


「なんとなく杖をついている」「杖歩行の歩き方をよく知らない」など、杖歩行の動作方法を知らない方は意外と多いものです。


そこで、杖歩行における3動作歩行・2動作歩行という歩き方と、それぞれのメリットについてご紹介します。

この記事を読み杖歩行の歩き方を正しく知り、自分の状態に適した歩き方を選びましょう。



【目次】


杖の役割と杖歩行

3動作歩行のメリットデメリット

2動作歩行のメリットデメリット

歩き方のご相談はストロークジムへ



杖の役割と杖歩行の歩き方

杖は、基本的に健康な側の手に持ちます。

杖の役割は「足への負荷を減らすこと」「バランスを安定させること」「歩くリズムを獲得すること」です。


杖を使用することにより、体を支持する面積が増えるため、足への負荷が減り、バランスが安定します。

そして、歩くリズムを獲得するのに重要なのが歩き方です。


杖歩行には2種類あります。

それは、「3動作歩行」「2動作歩行」です。

身体の状態によって、どちらの歩き方を選択するかは異なります。

では、それぞれの歩き方にどのような特徴とメリットがあるのか、ご説明していきます。



3動作歩行のメリットデメリット

普通、人は2本足で歩くので、「1・2」「1・2」のリズムで歩きます。

しかし、不安定な歩き方になると、そのリズムを刻むことが難しくなるのです。

そこで、歩く時に「1・2・3」のリズムでゆっくり歩く状態になるのが3動作歩行です。


歩き方は、①杖を前に出し、②患側の足を前に出し、③最後に健側の足を出します。

この①②③のリズムで歩くことで3動作歩行になります。


メリットは、常に2点で身体を支えることによる安定性の良さです。

①杖を前に出す時には両方の足の2点が地面に着いています。

②患側の足を出す時は、杖と健側の足の2点が地面に着いています。

③健側の足を出す時は、杖と患側の足の2点が地面に着いています。


デメリットは、歩行スピードが遅くなることです。

常に2点が地面に着いている状態になるため、ゆっくり慎重に進む歩き方になります。


身体の機能レベルがまだ高くない場合、安定性を重視して選択される歩き方です。



2動作歩行のメリットデメリット

2動作歩行は、「1・2」「1・2」のリズムで歩く方法です。

つまり、3動作歩行よりも普通の歩き方に近くなります。


歩き方は、①杖と患側の足を同時に出し、②健側の足を出します。

この①②のリズムで歩くことで2動作歩行になります。

そのため、3動作歩行よりも歩行スピードが速くなることがメリットなのです。


①杖と患側の足を出す時は健側の足1点で支え、②健側の足を出す時は杖と患側の足の2点で支えています。

よって、デメリットとしては、常に2点が地面に着いて身体を支えていた3動作歩行よりもバランスが不安定となることです。


3動作歩行よりも身体の機能レベルが高くなった場合、2動作歩行にシフトします。



歩き方のご相談はストロークジムへ

杖歩行について、2動作歩行と3動作歩行という2種類をご紹介しました。

冒頭でもお伝えしましたが、身体の状態に合った歩行形態は違います。

歩き方について相談がある場合はストロークジムまで是非お問合せ下さい!